FC2ブログ

自慢話

未分類
07 /19 2015

7月19日(日)今日は日曜日。朝6時から2時間、いつものように近所の野球仲間と大手町公園でソフトボールで汗をかいた。暑かったア~。シャワーを浴びて、ほっとしたところで、自慢話をひとつ。

**************************** 自慢話 ***********************************

 田村貴昭さんは、北九州市立大学を卒業した、人類史上、初の日本共産党国会議員です。
yjimage.jpg

 もう一人。北九州市立大学を卒業した、人類史上、初のプロ野球選手がいます。ソフトバンクの中田賢一投手です。
img_2_2015071919322097d.jpg

この人類史上に輝く二人の恩師は、私です。
 私は、田村貴昭さんに、経済学を教えました。科学的社会主義も教えました。ついでに、ユーモアと演説の仕方も。
 私は、中田賢一投手に、経済学を教えました。彼の成績はトップでした。硬式野球部部長として、共に野球を楽しみました。人間らしい生きかたについても語り合いました。
 要するに、私は、二人の単なる先生ではなく、決定的な影響を与えた恩師なのです。
 田村貴昭さんと中田賢一投手は、多くの人に「希望と感動」を与え続けて行くに違いありません。なにしろ、人類史上に輝いているわけですから。
 皆さんが、二人の活躍から、希望と感動を受けましたら、その都度、かの人を育てた恩師にこそ、惜しみない拍手を送ろう。恩師は偉大なり。

事務局会議

未分類
07 /16 2015
7月16日(木)19:30~21:00 市民の会事務所で事務局会議。6名参加
7月23日(木)開催の幹事会議案の検討と専従事務員の退職に伴う事務局体制と当面の事務分担を決めました。

戦争法案強行採決

未分類
07 /15 2015
許せない!許さない!戦争法案が強行採決された。

今国会最大の焦点となっている安全保障関連法案は15日午後、衆院平和安全法制特別委員会(浜田靖一委員長)で採決が行われ、自民、公明両党の賛成多数で可決された。

戦争法案を許さない!北九州行動実行委員会は、明日抗議行動(宣伝とリレートーク)をします。ご参加ください。
7月16日(木)17:00~19:00 小倉駅デッキ(2F)。


20150715-00000057-jijp-000-1-view.jpg

戦争法案反対!野党合同街頭演説会

未分類
07 /13 2015
これはすごい! 戦争法案反対!野党合同街頭演説会に参加しましょう。

日時:7月 20日(月・祝)11時より

場所:小倉駅前「コレット」一階横 道路脇

弁士:緒方林太郎(民主)
   江崎たかし(民主・・予定)
   仁比聡平(共産)
   真島省三(共産)
   吉田忠智(社民)

11745473_939809549410186_6027748567244391113_n.jpg

「介護を考える会北九州」が発足総会

未分類
07 /13 2015
7月12日(日) 13:00~16:30 ウエルとばたで「介護を考える会北九州」が記念講演と発足総会を開催しました。70名を超える参加者が熱心に学び、活動方針などを決定しました。
記念講演 : 長崎修二先生「介護を巡る制度の変遷、介護の社会化の今」
当面の活動 : 「介護保険制度改定の影響に関するアンケート」を北九州市内の介護事業所に送付し、100人の調査員をして回収訪問を行ないます。そのための各区ごとの調査員登録と説明会を開始し、意思統一を図ります。調査結果をもとに、年明けには「シンポジューム」の開始をめざして活動していきます。

映画「望郷の鐘」

未分類
07 /12 2015
映画「望郷の鐘」は7月10日ムーブフェスタとして上映されました。
感動したという感想が寄せられました。以下に掲載します。
9月11日14:30 ウエルとばた
9月12日14:30 18:00 コムシティー子ども館
で上映されます。どうか、この映画を多くの皆さんに見ていただけるよう広めてください。

***********************************************************************************************

映画「望郷の鐘」小倉会場アンケート結果
    (2015年7月10日上映 於「ムーブ」参加242名 回収42枚)
問―1「映画の感想は?」
 ①「良い」・・35人、 ②「普通」・・2人、 ③「あまり良くない」・・0名 
  「記載なし」・・5人
問-2「この映画は何で知った?」
 ①労組・団体から・・14人、②知人・友人・・9人、③新聞や機関紙・・10人、
 ④新聞の案内記事・・5人、⑤その他・・1人、「記載なし」・・3人


(意見欄)
* 戦争は絶対反対します。(女・70代)
* 日本の侵略の歴史の真実を語り、開拓団として犠牲になった人もまた「加害者」でもあった。残留孤児たちを育ててくれた中国人たちにお礼を言いたい。音楽で「新世界より」ラルゴ(家路)は良かったが、天皇制政府には、満州が新世界だったのかな?と一寸考えた。「ふるさと」――君が代に対抗させて歌った子どもに拍手したかった。(60代)
* 満蒙開拓団は、国にだまされた!現在の日本、安倍に騙され、戦争法案を通したら、日本国民は大変なことになる。軍隊は、負けそうになったら、国民を守るどころか、自分達が真っ先に逃げ出すものだ。歴史がそれを証明している。(男・70代)
* すばらしかったです。残留子どものことは、忘れていました。(女・80代)
* 戦争は二度と起こしてはいけないと、つくづく思った。多くの人に観てほしい映画だと思います。(女。70代)
* 戦争反対の思いが強くなりました。(性別年代不明)
* 戦争は、騙すものと、騙されるものによって起こる。もう二度と騙されないようにしたいと思います。戦争をしても、夕日や幸せは手に入らない。夕日は、美しいと思う人のもの。大切な真実です。心に刻みます。(女・50代)
* 僧侶・住職さんが主人公だった点が、とても寺院等で多大な影響を与えると思います。私も浄土真宗本願寺で信仰していますが、人の生命は尊いもので、特に子どもの配役も、よく演じられ、学校の教材に、寺院の人に対する思いやり等、多くの学ぶ点あり。大いにこの映画を宣伝、広めて行きたい。強い感心を持ちました。寺院に限らず、教会・牧師さんも、学校の教員もはじめ、皆に観て貰いたい作品・映画でした。微力ながら、9月にも八幡、戸畑で上映する機会がありますので、宣伝していきたいと思います。お世話くださった皆さん、ご苦労様です。ありがとうございました。(男・70代)
* 教育により、戦争賛美を刷り込まれた人々が、国に裏切られながらも、君が代を歌うシーンに、悲しくて涙が出ました。悲惨な状況に追いやった国は、どんなことにも、責任を回避、許せない。今の現在の政府も、全く同じことをやろうとしていることがよく分かりました。憲法を守り、平和な国を絶対に死守する覚悟が今こそ求められていると、ひしひしと感じられました。この映画を観て、感動しました。残留孤児の帰国に尽力された主人公のことを初めて知りました。すばらしい方です。(性別年齢不明)
* 原作を読んだことがありました。最終的には、山本先生が行ってくださって良かったと思いました。しかし、人生のうちで、こんな経験をした方がた、本当に申し訳ないと思う気持ちです。こんなことが二度と無いように、これからも少しでも関わってゆかねばと思います。二人誘って来ました。ありがとうございました。(女・70代)
* 戦争は、絶対にいけない!(女・70代)
* 戦争は、百害あっても一利なし。戦争は、絶対だめ。今、日本は平和ボケしている。皆で考えて、本当の平和を築こう。良い映画を見せていただきありがとうございました。(女・70代)
* 戦争のおろかさが出ていた。国策で出て行ったのに、何の見返りも無い。(男・70代)
* 時代に翻弄された、国民はどうしようも無かったのですね。帰られた方も、重い荷物を背負ったまま、心が苦しかったでしょう。日中友好の成り立ち等知れたらよかったです。(女・60代)
* 満州生まれです。残留と紙一重でした。活動に感謝します。(男・70代)
* 大変感動しました。知らなかったことが多く、勉強になりました。ありがとうございました。(男・70代)
* 中国人への加害責任と、“国に騙されない”がよく分かった。(男・70代)
* 十分に、中国残留孤児さがしの実態を知りませんでした。勉強になりました。(女・60代)
* とても感動しました。戦争は絶対にしてはいけない!!(性別年代不明)
* 内藤さんがすばらしい演技だった。(性別年代不明)
* 想いだしたくなかった!(性別年代不明)
* 日本中の皆さんにお見せしたい。(性別年代不明)
* すばらしい作品でした。大変感動しました。日中友好協会についてもっと知りたくなりました。(男・60代)
* 日本が戦争に向かいつあるようですが、戦争は絶対やってはいけない。(男・80代)
* 実に感動的な映画でした。生命を愛し、誠実に生きてゆくのは、とてつもない充実した人生を享受できるのですね。(性別年代不明)
* 軍も“国家”も、民のためにあるのではないことがこの映画でもよく分かります。騙されないようにしないといけませんね。帰国した孤児の方たちが、必ずしも幸せになってはいない今を知っているので、それも辛いです。慈照さんが頑張ってくれたのに、”国家“ってほんとに何なのでしょうね。(女・60代)
* 一人ひとりの人間の誠意が、戦争に対峙できるものだと知った。北朝鮮の拉致問題も、日本が強制連行した、韓国・朝鮮の人たちに対し、その遺骨や存在の尊厳を心から認めることからこそ始まるのではないかと思った。(女・50代)
* 大陸の花嫁で、満州に渡った母は、引き上げが辛かったと話していたが、具体的なことは、子どもに語ろうとはしなかった。敗戦後役1年半で帰国した。死の前に聞こうとしたが、そのときはボケていた。大正14年生まれ、20歳で終戦。(男・60代)
* 音声が聞き取りにくいところが多々ありました。焦点がボケるかもしれないが、朝鮮人の強制連行も少し触れて欲しかった。監督に感謝。(男・74歳)
* これまで見た満州からの逃避行の映画の中で、最も迫真性に欠けていて、がっかりした。①逃避行の背面の森は、たぶん満州の森と異なっていると思う。あのような照葉樹は不自然。②山本慈照が、帰国後、自転車で情報を集める場面、あのようなネクタイは、時代が違うのではと、違和感あり。また、常盤貴子の登場場面は唐突。(性別年代不明)
* 学生(小中高)若い世代に伝承してください。市民センターでの上映をしてください。

7.11戦争法案をゆるすな!北九州集会

未分類
07 /11 2015
7月11日(土) 13:00 勝山公園に600名が集まりました。「戦争法案を許さない」「安倍政治を許さない」の怒りの声。「力を合わせて、戦争法案を廃案にしよう!」という思いがひとつになった。明るく、元気な集会になった。その後、小倉駅までパレード。街行く若者も応援エールを返してくれた。




1_20150711173727e90.jpg

7.11戦争法案をゆるすな!北九州集会にご参加ください

未分類
07 /09 2015
北九州市民の皆さん。
いよいよ7.11戦争法案を許さない!北九州集会が近づいてまいりました。
13:00から勝山公園で集会をし、そのあと小倉駅までパレードします。
どうぞ、ご参加ください。


第52回北九州母親大会

未分類
07 /08 2015
第52回北九州母親大会は、7月5日(日)北九州市立大学でありました。
参加者は700名。午前中は11の分科会。私は、「消費税のカラクリ」(第8分科会)の助言者でした。
健和看護学院1年生65名も各分科会で討論と学びを共にしました。
10_201507080850134ab.jpg
浜矩子さんの講演は、圧巻でした。アホノミクスをバッサリ。
11_20150708085051c28.jpg
運動交流で励ましあいました。
12_2015070808505264a.jpg
集会後、大学からモノレール駅までパレード。
大成功の母親大会の一日でした。
13_2015070808505416b.jpg

北九州市民の会

FC2ブログへようこそ!