FC2ブログ

ミニシンポ

未分類
05 /20 2009

市民の会の三浦です。

5月16日地域医療と自治体病院の課題の見に進歩が行われました。

主に指定管理者制度を導入した門司病院の現状について話されました。

指定管理者制度の導入された門司病院の現状は想像を絶するものでした。

看護師不足や看護師における処遇、引き継ぎの状況など多くの問題でした。

こうした会議をふまえ今後の病院のありかた、自治体病院などにおける問題、今後指定管理者制度を導入される危険性のある病院についてなどの話し合いをしました。

地域病院としての役割は何であるのか、どうすれば医療を守れるのか、地域の人々における病院の必要性がしっかりと伝えられ本当に地域の人々に必要とされる地域医療を確立しなければならないと思いました。

話を聞いて問題は多く、ここで止めなければ北九州の医療崩壊はどんどん進んでいくのではないのかと感じました。

コメント

非公開コメント

北九州市民の会

FC2ブログへようこそ!