FC2ブログ

市民シンポジウムと八幡東9条の会5周年の集い

未分類
06 /13 2011
市民の会の三浦です。
大分更新を中断しておりました。
申し訳ありません。

6月11日に「地域医療と市立病院の充実を求める」市民会議の総会と市民シンポジウムが行われました。
総会では、市立門司病院の指定管理と、市立若松病院の民間売却についての話されました。
まだまだ市立病院としての役割を十分に果たしているとは言えず、市立八幡病院の老朽化など課題は山積みとなっています。

その後、市民シンポジウムが行われました。
野村先生の基調講演の後、6名の発言が行われました。

東日本大震災について、これからの北九州市についてなど、豊富な内容でした。
その中でも「公」の役割をもう一度見直し、正しい「公」のあり方を求めていく必要があるということが話されました。

翌日の12日には八幡東9条の会の5周年の集いが行われました。
オープニングでは、若いみう&あやちゃんによるかわいらしい歌がうたわれ、ラブ&ピース9条うたひろばではみんなで歌を歌いました。
華やかな歌の後、日本平和委員会常任理事の川田忠明氏による「いま日本の平和と安全をどう創るのか」といった記念講演が行われました。

スライドを使いながら話がすすめられました。
日本と外国との関係について、本当に平和を願うのであれば外交をが一番の抑止力であると言うことを、外国の外交に照らし合わせながら話したことが本当に印象的でした。

この2日間を通じて、日本の政治の方向性は大きくずれていると感じました。

日本の未来を考えたとき、今何が必要で私たちは何をしていかなければならないのかと言うことを改めて考えさせられました。

コメント

非公開コメント

北九州市民の会

FC2ブログへようこそ!