FC2ブログ

ブログ記事の再掲

未分類
10 /08 2018

10月8日(月)

(以下は、7月作成のブログ記事ですが、再掲します。)

公共施設使用料値上げ反対署名活動のお礼と報告

2017年7月、北九州市は、「公の施設に係わる受益と負担のあり方について」の素案を発表し、8月17日~29日、各7区での市民説明会をし、延べ29回873名の市民に説明しました。
「公の施設に係わる受益と負担のあり方について」の素案に対するパブリックコメントには、227名の方から361件の意見が出され、高齢者5割減免への反対の意見が多数記載されました。

「市民の会」は、「公共料金の値上げ反対」陳情署名運動を提起し、各区民の会を再開し、区民の会を中心に精力的に署名活動に取り組んできました。市民の声に押され、北九州市は、2017年12 月 「公の施設に係る受益と負担のあり方について」の素案を見直し、年長者施設の利用証による5割負担を3割負担へ変更しました。

しかし、北九州市は、2018年1月末、「学校施設の体育館、運動場、武道場の有料化案」を2月議会(教育・文化常任委員会)に提示しました。これを受けて、市民の公共施設利用料金値上げ反対署名は、さらに推進されていきました。

市民の会は、「公共料金の値上げ反対陳情署名」7769筆を議会に提出し、5月18日、総務財政委員会で、公共料金の値上げ反対の事由を明快に口頭陳述しました。翌日のマスコミ(朝日朝刊)で、大きく報道されました。市民の熱烈な要求である公共施設の使用料値上げ反対の声を無視し、北九州市は、6月議会に、公共施設の使用料値上げに関連する条例議案10件と学校施設使用料条例を提案しました。6月11日、私たちの「公共料金の値上げ反対の陳情」は、総務財政委員会で不採択となりました。

6月議会本会議の最終日(6月12日)に「公共施設の使用料値上げに関連する条例議案10件と学校施設使用料条例」の採決が行われ、日本共産党(10人)と希望と未来(1人)が市長提案に反対し、自民(20人)公明(13人)ハートフル北九州(11人)ふくおかネット(1人)の賛成多数で可決されました。

公共施設利用料金値上げ条例は、来年4月から実施されますが、私たちの市民要求を実現していく民主的市政実現の闘いはこれからです。公共施設使用料値上げ反対署名活動にご尽力いただいた皆様に心からお礼を申し上げるとともに、さらなる「市民の会」への連帯と共同の輪を広げていってください。ありがとうございました。

三輪俊和(市民の会事務局長) 

市民の会ニュース

未分類
10 /08 2018
10月8日(月)
市民の会ニュースは、毎月1日と15日付けで2回発行しています。
市民運動のイベント、集会、会議などに出かけて行き、写真を撮り、記事にします。
1回のニュースで8原稿(平均)つくります。
ニュースの編集は、市職労OB(岸川さん)にお願いしてます。

2回分のニュースをまとめて、月間ニュースをつくります。
月間ニュースの編集作成はKOHOにお願いしています。
月間ニュースは、迅速に赤旗に織り込み皆さんにお届けしています。

市民の会ニュース、月間ニュースは、すべて市民の会ホームページに掲載されています。

幹事会:行動提起

未分類
01 /25 2018
第24回幹事会(1月11日)で行動提起の冒頭で以下のように訴えました。

市民の力で「平和とくらし」を守る市政を実現しよう

  安倍改憲を許すのか、それとも安倍改憲NO!3000万署名をやり切り、憲法が輝く地域社会を実現していくのか、私たちは歴史の岐路に立っています。北橋市政は、安倍暴走政治に追随し、アベノミクスの地方版である「地域創生」政策を率先してすすめ、住民自治と住民生活の破壊は目を覆うばかりになっています。下関・北九州道路建設等の大型公共事業に前のめりになっている一方で、公共サービスを削減する行財政改革と「公共施設マネジメント」を推進しています。全国一の人口減少、政令市で最低の市民所得の実態はますます深刻化しています。安倍改憲NO!、北橋市政に代わる市民の「平和とくらし」を守る市政を実現するために全力で取り組むことが要請されています。当面「公共施設使用料金値上げ反対」の陳情署名活動を重点活動にし、1年後の市長選挙も見据えながら、市民要求運動と「市民の会」の日常的な活動の飛躍を目指していきましょう。

市政を変えるのは、「市民の会」に結集するみなさま、お一人お一人の力です。

2018年 今年もよろしくお願いします

未分類
01 /09 2018
ご案内
1月11日(木)18:30~20:30 第24回 幹事会 ムーブ小セミナールーム

市民の会の活動方針を提案いたします。ご出席をお願いします。

2017年 ありがとうございました。

未分類
12 /30 2017
2017年、大晦日。今年も大変お世話になりました。
皆様の「市民の会」での諸活動に敬意と感謝を申し上げます。

2018年、「市民の会」の飛躍を目指します。
ホームページの充実と日々の更新。
市民の会ニュースの2回定期発行(毎月1日・15日)。
月刊ニュース発行。

市民の会Blog日記。
事務局だよりで「市民の会」情報を定期にお知らせします。

2017年12月31日 三輪俊和(事務局長)

事務局からのお知らせ

未分類
11 /06 2017
各区区民の会が再開され活動が開始されています。
市民の会事務局と各区代表者の合同会議が定期(2カ月に1回)開催されます。
次回合同会議:
11月15日(第3水曜日)10:00~12:00 戸畑生涯学習センター
各区代表者は必ず1名以上ご出席ください。

小倉南北区民の会だけが結成されていません。
何としても小倉区民の会を結成するために市民の会事務局と小倉主要団体代表に集まっていただき相談会をすることにしました。
12月6日(第1水曜日)10:00~12:00 生涯学習総合センター 情報学習室
出席呼びかけ団体:小倉民商、小倉年金者組合、健和会本部、小倉南北新婦人、小倉地区委員会、日本共産党市議(小倉)

第10回市民講座:12月16日(土)開催

未分類
09 /20 2017
第10回市民講座は、12月16日(土)に開催することになりました。
14;00~16:30 ムーブ5F 大セミナー室(確定)
********* 市民講座要領 **********
メインテーマ: 「戦争は教室の中から」
司会
開会挨拶(三輪)
基調講演 70分 俵義文氏 
地元報告 30分 三浦日佐代氏 牟田口カオル氏
意見交換。質疑・応答 40分
まとめ・閉会挨拶(三輪)
************************************ 

9月20日:事務局会議

未分類
09 /20 2017
本日(9月20日)の事務局会議の決定をお知らせします。
突然の解散表明で、10月22日に衆議院選挙が実施される見通しです。
第10回市民講座を延期します。
日程調整がつきましたら、改めて掲載します。
事務局長:三輪

市民の会ホームページ

未分類
06 /04 2017
市民の会のホームページを更新しました。
主な更新:
北九州の統計データを整備しました。
北九州経済、財政(2017予算・2015決算)など、北九州地域分析に活用できます

市政懇談会資料(最新版) 100万人の笑顔2月号・3月号

第23回幹事会で2017年度活動方針決定

未分類
05 /24 2017
2017年度具体的活動方針①~⑦

①第9回市民講座の開催と継続

 市民講座を学習要望の高いテーマについて、2カ月毎に開催します。
 テーマ:下関・北九州道路、医療・福祉問題、教育行政、労働・雇用、住宅リフォーム

第1回 2015.10.10 岡田「地方創生を問い直す」
第2回 2015.11.14 天久「マイナンバー制度」
第3回 2015.12.10 「あなたの身近な公共施設がなくなる」
第4回 2016.2.20 下関・北九州道路シンポ
第5回 2016.4.23 介護問題を考えるシンポ
第6回 2016.9.18 中山「公共施設マネジメント」
第7回 2016.11.23 「自治体の教育行政が自由を奪う」
第8回 2017.3.25 公契約条例

 <第9回市民講座>
7月29日(土)14:00~16:00 市立生涯学習センター3Fホール(予定)
森裕之氏(立命館大学教授)「公共施設マネジメントと街づくり」(仮題)

②議会闘争と市民運動

2月定例会(会期34日)2017年度予算審議 2017年度予算特別委員会
6月定例会(会期8日)
9月定例会(会期30日)2016年度決算審議 2016年度決算特別委員会
12月定例会(会期8日)

  市民要求運動・陳情
  議員団との検討会議(予算・決算議会を見据えて)
  
③日常的活動と市民の会の活性化

  市民運動は、市民の生活要求運動が原点です。開発優先の北橋市政の下で、住民福祉と住民自治が無視され、深刻な事態が進行しています。私たちには、何よりも先ず、北九州市民のありふれた日常の実態を把握することが求められています。市民の会として、広範な市民を対象にした市民アンケートを時宜を見て実施することを提案します。
また、以下のような各区で取り組まれている市民運動と連携・支援していく課題を追及していきます。

    八幡図書館・市民会館存続問題、城野遺跡の存続市民公園、若松響灘開発・筑豊本線無人化問題、辺野古土砂問題等、湧き上がる地域市民運動と連携支援していく。

④各区民の会の再建・結成に向けての取り組み

  市民運動と「市民の会」の活性化には、各区民の会の再建・結成が不可避の課題です。
  市民アンケートを実施するにしても、各区の区民の会の責任体制の下で実施されなけ
ればなりません。各区の地域住民の要求を把握し、住民要求として政策化し、要求
運動を組織していく要が区民の会です。区民の会の取り組みに支援・援助をしていきます。


⑤事務局体制と組織強化
  
<事務局会議定例化、企画運営委員会・幹事会の充実>
    事務局体制は、専従体制から半専従体制(一昨年9月より)になっているが、6人の事務局員が分業し、専従体制の事務仕事を引き継ぎ、これまで以上の事務局体制になっている。しかし、事務局体制の強化は必須であり、将来的には、専従体制を見据えて増員・充実を図っていきたい。

⑥広報・宣伝活動

 市民の会ニュース・月刊ニュース発行
毎月2回(1日、15日)の市民の会ニュースとこの合併号(月刊ニュース)発行、「くらしと福祉」毎月1日発行、継続・充実を目指す。
 HP更新・充実(各団体ニュース公開、市民運動の紹介・ニュース公開、各団体スケジュール公開・調整)
市民の会の活動だけでなく、各団体・個人のすべての市民運動や市民イベントに関する情報の収集・発信・公開を目指してゆきたい。北九州行財政データの整備・更新

⑦市民運動強化基金の創設

   市民アンケートなどの調査・分析を実施するにしても、人も資金も必要になります。各区での取り組みを考えると、区民の会が、組織体制も含めて活発な活動ができるように支援・援助も必要です。市民の会の事務局体制の充実(専従事務体制)も必要です。いずれにしても市民運動を強化していくには、これに要する資金が必要になります。このため、市民運動強化基金を創設し、その使途については幹事会への報告・承認を必要とします。

北九州市民の会

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。